Articles

転移性黒色腫におけるIL‐6上昇に続発する腫瘍随伴性白血球増加症および血小板増加

多巣性骨病変を含む複数の臓器に転移するステージ4黒色腫を有する49歳の男性は、数ヶ月の持続性白血球増加症および血小板増加症の評価のために参照された。 患者は化学療法および免疫療法からの疲労を支持したが、それ以外の場合は発熱、呼吸困難、出血、凝固、またはコルチコステロイド使用の歴史を否定した。 腹部右上腹部に頻脈と圧痛を認め,リンパ節腫脹やひ腫を認めなかった。

完全血球数はヘモグロビン濃度10.7g/dL、MCV84fL、血小板数728×109/Lを示し、白血球数は18.3×109/Lで、好中球71%、リンパ球19%、単球8%、好酸球1%、好塩基球1%であった。 末梢血塗抹標本は赤芽球症を示し、エキノサイトの存在と少数のdacryocytesと断片化した赤血球、いくつかの巨大な血小板、および広範な血小板凝集、および悪性腫瘍の設定で大きな成熟したか粒リンパ球を示した(図1)。 循環している芽球の証拠はなかった。 顆粒球コロニー刺激因子レベルは36.2pg/mLであり、これは正常範囲内であった(RR<39.1pg/mL)。 インターロイキン6(IL‐6)レベルは10pg/mL(RR0-5pg/mL)で上昇することが判明した。

画像
図1
転移性黒色腫末梢血塗抹標本における腫瘍随伴性白血球増加症および血小板増加症の診断(A)広範な血小板凝集を伴う反応性血小板増 (B)正常な顆粒球形態および他の異形成特徴の欠如。 (C)骨髄炎を示唆する多色素性赤芽球および網状赤血球減少症(Wright‐Giemsa染色)。 オリジナル倍率×100

IL-6はアポトーシスの阻止によって腫瘍の成長を促進するpleiotropic immunomodulatory cytokineで、複数のタイプの細胞によって発火および敵意の状態で、メラノーマの細胞を含む作 IL-6はトロンボポエチンおよび血小板産生をアップレギュレートすることが示されており、他の細胞株の造血と同様に相関している。 IL-6は、より一般的に反応性血栓症と関連しており、クローン性血小板増加症のまれな原因である。 白血球増加症のメカニズムは、脱標的化による好中球動員を介して、ならびに好中球の骨髄放出を加速することによって、IL‐6誘導好中球増加に続 IL‐6の血清濃度の上昇は、メラノーマを含む特定のタイプの癌患者の予後不良と関連している。 末梢血塗抹標本の結果を考えると、我々は、この患者の白血球増加症と血小板増加症は、骨髄炎の特徴を持つ積極的な転移性黒色腫の設定でIL‐6の上昇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。